~ヒュウガトウキ・日本山人参で笑顔に~健康のススメ » ヒュウガトウキの効能 » 心筋梗塞

心筋梗塞

ここでは、ヒュウガトウキが持つとされる心筋梗塞の予防効果に関連し、心筋梗塞の症状や原因、リスク要因について詳しく解説します。

心筋梗塞の原因と危険因子

心筋梗塞(虚血性心疾患)の原因

冠状動脈疾患

冠状動脈疾患とは、心筋に血液を送り込む冠動脈において、血液の流れが悪くなる状態のこと。通常よりも血液の流れが悪くなって心臓に痛みを伴う症状を狭心症と言い、血液の流れがほぼ阻害されて心筋細胞が壊死し始めた症状を心筋梗塞と言います。
冠状動脈疾患の主な原因は動脈硬化。過剰なコレステロール摂取や高血圧などの影響によって冠動脈に生じた動脈硬化が冠状動脈疾患の原因であり、ひいては狭心症や心筋梗塞の原因でもあります。
冠動脈の動脈硬化を招くリスク要因は、過剰なコレステロール摂取や高血圧のほかにも、過剰な塩分摂取や喫煙習慣、肥満、高血糖などが挙げられます。いずれも、いわゆる「生活習慣病」の原因となるものばかりです。
冠状動脈疾患を予防して心筋梗塞を防ぐためには、日ごろの生活習慣を見直す必要があるでしょう。

狭心症

狭心症とは、何らかの理由によって心臓の表面の冠動脈が狭くなり、血液量の不足から心筋が酸欠に陥る症状のこと。多くの場合、自覚できる予兆がなく、突如として心臓に激しい痛みを覚えます。
狭心症の直接的な原因は、冠動脈の狭窄。動脈硬化が進行するなどし、冠動脈のトンネルが狭くなったとき、心筋の働きに十分な血液が供給されなくなることで狭心症が発症します。
また動脈硬化とは別に、冠動脈の攣縮(縮んで痙攣を起こすこと)によって狭心症にいたることもあります。こちらのタイプの狭心症について、動脈硬化を原因とする狭心症と区別し、冠攣縮性狭心症と呼ぶことがあります。
狭心症がさらに悪化すると、冠動脈のトンネルが極端に狭くなったり、または完全に詰まってしまったりして、心筋細胞が死んでしまうことがあります。この状態が心筋梗塞です。狭心症が重症化した状態が心筋梗塞、と考えて良いでしょう。

心筋梗塞(虚血性心疾患)の危険因子

高血圧

高血圧とは、全身に血液を送るための心臓のポンプの力が、通常よりも強い状態のこと。高血圧が要因となる病気にはさまざまなものがありますが、それらの中でも主要な病気の一つが心筋梗塞(虚血性心疾患)です。
心臓から強い力によって勢いよく流された血液の影響で、血管の壁では徐々に動脈硬化が進行。結果、血管の内側が狭くなるなどの影響で、ある日突然、心筋梗塞の発作を招くことがあります。
禁煙、減塩、減酒、肥満解消、十分な睡眠など、高血圧を予防する日常を意識することが大切です。

血清総コレステロール

過剰なコレステロールが招く主要な病理の一つが、動脈硬化です。動脈硬化とは、動脈の内壁が暑くなったり硬くなったりする状態の総称のこと。病理学では3種類に分けられる動脈硬化ですが、一般には「粥状動脈硬化」のことを指して動脈硬化と呼んでいます。
「粥状動脈硬化」とは、動脈の壁にコレステロールが沈着し、血管が狭くなったり血栓を作ったりする症状。血管の狭窄や血栓は、心筋梗塞(虚血性心疾患)を招く主要な要因の一つとしても知られています。
日本では、2000年以降、男女ともにコレステロール値の増加傾向は止まりました。近年でも顕著な増加傾向は見られません。動脈硬化を予防するためには、今後ともコレステロールの過剰摂取を控える食生活を意識していく必要があるでしょう。

高齢化

「動脈硬化は何歳ごろから始まるのか」という議論を耳にすることがあります。その答えは、正確に言えば「オギャー」と生まれたときから。人間は、生まれた瞬間から動脈硬化が徐々に進み、いかに日常生活に注意しようとも、加齢にともなって少しずつ動脈硬化が悪化していきます。
だからこそ高齢者は、高齢であるというだけで動脈硬化に起因するさまざまな病気のリスクを抱えている、と考えて差し支えありません。たとえ兆候を認めなかったとしても、高齢者には、大なり小なり心筋梗塞(虚血性心疾患)のリスクが潜在していると考えて良いでしょう。

心筋梗塞(虚血性心疾患)の傾向を改善するには

心筋梗塞の傾向を改善させるためには、主に以下の4点を意識して過ごすようにしていきましょう。

禁煙する

功罪さまざまな議論のある喫煙ですが、明らかに喫煙の影響で悪化するとされているのが心筋梗塞です。喫煙が引き金になって心筋梗塞の発作が起こりうることは、すでに医学会では定説。心筋梗塞の既往歴がある患者に対し、すべての病院において厳しく喫煙指導が行われています。

食事習慣を見直す

欧米人に比べると、日本人の心筋梗塞の発症率は1/3~1/4ほどと低め。その理由の一つが、食事習慣の違いと言われています。心筋梗塞の傾向を改善するには、脂質やコレステロールの多い欧米的な食事を改め、伝統的な和食を見直すようにしたいものです。

軽い運動を習慣化する

軽い運動の習慣化が、心筋梗塞や狭心症の予防につながることが知られています。腕立て伏せや短距離走などの「無酸素運動」ではなく、ウォーキングやサイクリング、軽いジョギングなどの「有酸素運動」が、心筋梗塞の予防には効果的です。

ストレスをためない

ストレスをためると、血圧が上昇したり血中コレステロール値が上昇したりなどし、動脈硬化が進行します。ストレスを避けることが難しい方は、たまったストレスを解消する自分なりの方法を見つけるようにしましょう。体を動かすことは、どんな方にも共通するストレス解消法の一つです。

神の草と呼ばれる九州の秘草ヒュウガトウキとは?
サプリvsお茶
ヒュウガトウキ決戦!

ヒュウガトウキはサプリお茶で摂取します。飲みやすいのはどっち?
実際に商品を購入して比較しました!

サプリ代表サルースの葉

サルースの葉サプリメント
  • 内容量:1カ月分
  • 初回料金:3,200(送料込み)
  • 摂取:250mg×6粒

サルースの葉の購入方法を
公式HPでチェック

お茶代表日本山人参茶(すどう農園)

すどう農園の日本山人参茶
  • 内容量:1カ月分
  • 初回料金:3,000(送料込み)
  • 摂取:1包(茶葉 2g)

日本山人参茶の購入方法を
公式HPでチェック

ヒュウガトウキ
サプリとお茶を
飲み比べた結果は?

ヒュウガトウキサプリVSお茶おすすめ商品で比較! ヒュウガトウキに含まれる成分を徹底調査