~ヒュウガトウキ・日本山人参で笑顔に~健康のススメ » ヒュウガトウキの効能 » 子宮筋腫(生理不順/生理痛)とヒュウガトウキ

子宮筋腫(生理不順/生理痛)とヒュウガトウキ

ヒュウガトウキは血流を改善したり、老廃物の排出を促したりする効果があります。そんなヒュウガトウキは、子宮筋腫にどのように効果があるのでしょう。また、30代以上の女性に大変身近である子宮筋腫はどのようにして起こるのか、どういった症状が出るのか、合併症はあるのか、などについて解説します。

子宮筋腫とヒュウガトウキの関係性

子宮筋腫は悪性ではないものの、手術以外の根本治療が難しい病気。薬で症状の緩和や筋腫の増大を抑えることもできますが、副作用には注意で必要です。

子宮筋腫は女性ホルモンによって、大きくなったり増えたりすると考えられ、30代以上で増加し、女性の4人に1人が発症。ヒュウガトウキはそのホルモンのバランスを整えたり、働きを穏やかにしたりすると考えられています。また、ヒュウガトウキはサラサラ血にして血行を改善することが研究から明らかになっており、それによって子宮周辺の血流が良くなって、冷えなどの改善効果も見込めます。老廃物の排出も促されて、子宮機能も改善すると考えられています。

巡りをよくする効果

YN-1により冷えや貧血の改善が期待できる

ヒュウガトウキといえば、薬効があり、医薬品として認定を受けている根の部分が有名。根にはYN-1(イソエポキシプテリキシン)という成分がたくさん含まれています。そして、このYN-1はヒュウガトウキの葉にも多く含まれていることがわかってきました。

YN-1はサラサラな血液にし、血行を改善する効果があることが、大学や大手化粧品メーカーの研究によって判明。血液循環が良くなることで、栄養を全身に送ることができるほか、体温を一定に保ち、さらには老廃物をしっかり排出することができるようになります。これによって、冷えの改善が目指せます。

子宮筋腫とはどんな病気?

子宮筋腫は月経のある女性の20~30%が発症すると言われる病気。子宮の壁にできる、こぶのような良性の腫瘍です。できる場所はさまざま。平滑筋にできる「筋層内筋腫」、子宮壁のもっとも外側にできる「漿膜下筋腫」、子宮内側に向かってできる「粘膜下筋腫」そして、膣側にできる「頸部筋腫」があります。

大きさは数センチから子どもの頭ほどの大きさになることも。それによって症状やその強さも異なります。特に初期には、自覚症状がないことも多く、検診などで発見されることが多いです。婦人科診察と超音波(エコー)検査で診断を行います。再発も少なくなく、筋腫がいくつかできることもあります。

子宮筋腫の症状

筋腫が小さかったり、子宮壁の外側に筋腫ができたりした場合には無症状のこともありますが、主な症状は月経量の増加や月経痛が強くなることです。それにより、貧血症状も起こりやすくなります。

また、筋腫のできる場所や大きさによって、腰痛や不正出血、頻尿、便秘などの症状も。一般的に、子宮の外側にできる筋腫は症状が出にくいため発見が遅くなることが多く、子宮の内側にできる筋腫は小さくても症状が出やすいと言われています。内側にできる粘膜下筋腫では輸血を必要とするほどの出血を起こすこともあるので、異常を感じた場合は早めの受診が必要です。また、子宮内側にできるタイプは着床を妨げてしまい、不妊症や流産などの原因になります。

子宮筋腫の原因

子宮筋腫は、子宮の壁の平滑筋という筋肉が異常に増殖したもの。その増殖が起こる原因は、まだはっきりとわかっていません。生まれつき持っている素因と、女性ホルモンの増加によって発生するのではないかと考えられています。初経前には見つけられず、さらに閉経後には縮小していて問題にならないことがほとんどだからです。女性ホルモン、特にエストロゲンが影響し、筋腫を増大することが判明しています。

子宮筋腫に起因する症状や合併症

不妊の原因にも

子宮筋腫は子宮の血行を阻害しますし、不妊症に繋がることがわかっています。粘膜下筋腫があることによって、着床率が30%以下、自然流産率が倍以上に。筋層内筋腫では、着床率の低下は若干ですが、流産率は倍になります。その後の切迫流産、切迫早産、早産、分娩時大量出血や骨盤位になり帝王切開になるなど、妊娠・分娩中にトラブルや合併症を引き起こす頻度が上がるのです。閉経まで筋腫は大きくなり続けるため、妊娠を計画している人は妊娠前に摘出することも検討するとよいでしょう。

子宮内膜症や子宮体がん

子宮筋腫自体が悪性腫瘍に変化することは、ほとんどありません。しかし、子宮筋腫と子宮内膜症が合併することは少なくありません。また、ごく少ないながら、子宮内膜がん(体がん)を合併することも。悪性腫瘍である子宮肉腫との見分けが大変難しく、しっかりとした診断と検査が必要も重要です。

子宮筋腫の処方薬との飲み合わせ

ヒュウガトウキはその根が医薬品として認可されていることもあり、大学や研究機関によって効能などが研究しています。ヒュウガトウキを一度にたくさん摂取した場合の「急性毒性試験」や、長い期間摂取し続けた場合の「慢性毒性試験」も実施され、全く問題がないことが証明されています。副作用がないだけでなく、医薬品との相互作用がないことも研究機関の臨床試験で確認済み。

まれに降圧剤と同時に服用すると、互いの血圧を下げる作用が一緒に効いてしまい血圧が下がりすぎることがあるとのことですが、子宮筋腫ではこういった薬は使用されません。子宮筋腫で処方されるのは、症状を和らげる鎮痛剤や、貧血状態緩和のための鉄剤、そして筋腫の成長を止めるための女性ホルモンの分泌を抑える薬。飲み合わせが心配な方はかかりつけ医や薬剤師に相談するとよいでしょう。

神の草と呼ばれる九州の秘草ヒュウガトウキとは?
サプリvsお茶
ヒュウガトウキ決戦!

ヒュウガトウキはサプリお茶で摂取します。飲みやすいのはどっち?
実際に商品を購入して比較しました!

サプリ代表サルースの葉

サルースの葉サプリメント
  • 内容量:1カ月分
  • 初回料金:1,728(送料込み)
  • 摂取:250mg×6粒

サルースの葉の購入方法を
公式HPでチェック

お茶代表日本山人参茶(すどう農園)

すどう農園の日本山人参茶
  • 内容量:1カ月分
  • 初回料金:3,000(送料込み)
  • 摂取:1包(茶葉 2g)

日本山人参茶の購入方法を
公式HPでチェック

ヒュウガトウキ
サプリとお茶を
飲み比べた結果は?

ヒュウガトウキサプリVSお茶おすすめ商品で比較! ヒュウガトウキに含まれる成分を徹底調査