~ヒュウガトウキ・日本山人参で笑顔に~健康のススメ » ヒュウガトウキの効能 » 痛風とヒュウガトウキ

痛風とヒュウガトウキ

ヒュウガトウキは血をサラサラにし、血流を改善する効果があります。生活習慣病の改善にも有効とされるヒュウガトウキは、痛風にどのように効果があるのか。そして痛風という病気はどのようにして起こるのか、どういった症状が出るのか、合併症はあるのか、などについて解説します。

痛風とヒュウガトウキの関係性

痛風は、血中の尿酸が結晶になって生じる病気。痛風を発症する前には、血液の尿酸値の高くなりやすくなります。これが長く続くと、やがて関節などが腫れて強く痛み、痛風を発症します。尿酸値が高いことがわかった時点で、尿酸値を抑えること、体内の尿酸をしっかりと排出していくことで、痛風の発症リスクを軽減することができるのです。

ヒュウガトウキを摂取すると、血流速度が上昇する、いわゆる「血液がサラサラになる」ことや末梢血管を拡張して血液循環を改善することがわかっています。尿酸が溜まることを防ぎ、排出を促すことで、尿酸値低下も期待できます。

また、痛風は一度発症すると、炎症を抑えることができても再び発症することが多く、次第にその間隔が短縮し、慢性化することも。そうなることを避けるためにも、尿酸を溜めないように継続して対策していくことが必要です。

巡りをよくする効果

YN-1で血液をサラサラに

ヒュウガトウキの根にはYN-1(イソエポキシプテリキシン)という成分がたくさん含まれています。根は高い薬効が認められて、2002年に医薬品として認定されました。そして、ヒュウガトウキの葉にもYN-1が多く含まれていることもわかってきました。

YN-1には、血液をサラサラにし、血行を良くする効果があることが大学の研究室や大手化粧品メーカーの研究によって判明。血液循環が良くなることで、栄養を全身に送ることができるほか、体温を一定に保ち、さらには老廃物をしっかり排出することができるようになります。

ナトリウムの排出を促すカリウムがたっぷり

身体の中で塩分などのナトリウムが過剰な状態になると、身体は血液中の水分を増やそうとします。すると血液量が増え、末梢血管の壁にかかる圧力が高くなり、高血圧に繋がると考えられています。これに対し、カリウムという成分は、腎臓でナトリウムが再吸収されることを防ぎ、尿中への排出を促します。

カリウムが多く含まれている食品もありますが、茹でたり煮たりする調理法では溶け出してしまうことが多く、効率よく摂取することが難しい成分。ヒュウガトウキは、カリウムを豊富に含有し、効率よく摂取することができるのです。高血圧と痛風は併発することが多く、高血圧を予防することは痛風の予防にも繋がるでしょう。

痛風とはどんな病気?

痛風の症状

はじめはむずむずするような感覚があり、その後、突然関節が腫れて強い痛みが出ます。足の親指の付け根に多い一方、足首やひざに出る人もいて、その激痛から歩くことができなくなるケースも。冷却したり炎症止めを使ったりすることで10日ほどで症状はいったん沈静化することもあります。しかし、ここから適切な処置をしなければ頻繁に発症するようになります。

炎症の頻度が増していくと、関節部の痛みだけでなく、関節以外の部分の痛風結節や腎機能への障害も出現。ついには、慢性痛風という状態になる人もいます。

痛風の原因

痛風に大きく関係するのはプリン体と尿酸。プリン体はエネルギーのもとであり、常に体内で作られ、遺伝子にも含まれており、分解されると尿酸になります。この尿酸を適切に排出したり、適切に生み出したりできているうちは問題ありません。

しかし、そのバランスが崩れて尿酸が過剰な状態が続くと、結晶化し、関節の内側に固まっていきます。この結晶が関節液内に落ちたときに、血液中の白血球がそれを防御反応で攻撃。こうして、痛風の強い痛みを発症します。バランスが崩れる原因としては、遺伝的要因、食生活の問題、飲酒量、ストレス、腎機能の低下、そして薬剤の副作用が考えられます。また、尿酸の結晶が残っているうちは、何度でも痛風の発作が起こりうるため、注意が必要です。

痛風の合併症

生活習慣病と深い関わりがある

日本人の食生活が欧米タイプの高脂肪で高タンパクなものへと大きく変化してきた結果、痛風の患者は増え続け、今では生活習慣病のひとつになりました。患者は70万人を超えているだけでなく、若年化も指摘されており、成人男性の20パーセントが予備軍という説も。また、痛風に大きな関係のある高尿酸血症の状態が長く続くと、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病を併発しやすくなります。肥満やメタボリックシンドローム、尿路結石、腎臓病などの発症の報告も。特に腎臓病は、重症化し、透析が必要になる人も少なくありません。

高血圧や動脈硬化から心筋梗塞や脳梗塞の恐れも

痛風が発症するとき、体内は長く高尿酸血症の状態となっていて、血管に負荷がかかり続けています。さらに、併発しやすい高血圧が続くと、血管への負荷は増大。このふたつによって血管機能が低下し、動脈硬化へと進行していくリスクがあります。

こういった変化は心臓や大動脈、脳などに発生しやすく、結果として狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、大動脈瘤など命に関わる症状を引き起こす可能性があるのです。特に、高血圧はより太い動脈の硬化も進めてしまう、大変恐ろしい病気。痛風の患者の半数は高血圧を併発しています。

痛風の飲み薬との飲み合わせ

ヒュウガトウキについては、以前から大学をはじめとしたいろいろな研究機関が研究を続けてきました。ヒュウガトウキを一度に大量に摂取した場合の「急性毒性試験」や、長期間摂取し続けた場合の「慢性毒性試験」も行われており、全く問題がないことが証明されています。副作用がないだけでなく、医薬品との相互作用がないことも臨床試験で確認済み。

一方、降圧剤や血糖降下剤と同時に摂取した場合に、効きすぎてしまうことがあるとの報告があります。痛風と併発した高血圧の処方薬としてこういった薬を処方されている場合には、飲むタイミングをずらすなどすると良いでしょう。かかりつけ医や薬剤師に相談するとより安心です。

神の草と呼ばれる九州の秘草ヒュウガトウキとは?
サプリvsお茶
ヒュウガトウキ決戦!

ヒュウガトウキはサプリお茶で摂取します。飲みやすいのはどっち?
実際に商品を購入して比較しました!

サプリ代表サルースの葉

サルースの葉サプリメント
  • 内容量:1カ月分
  • 初回料金:1,728(送料込み)
  • 摂取:250mg×6粒

サルースの葉の購入方法を
公式HPでチェック

お茶代表日本山人参茶(すどう農園)

すどう農園の日本山人参茶
  • 内容量:1カ月分
  • 初回料金:3,000(送料込み)
  • 摂取:1包(茶葉 2g)

日本山人参茶の購入方法を
公式HPでチェック

ヒュウガトウキ
サプリとお茶を
飲み比べた結果は?

ヒュウガトウキサプリVSお茶おすすめ商品で比較! ヒュウガトウキに含まれる成分を徹底調査