~ヒュウガトウキ・日本山人参で笑顔に~健康のススメ » ヒュウガトウキの効能 » 自律神経とヒュウガトウキ

自律神経とヒュウガトウキ

ヒュウガトウキは体に良いとされる成分が多く含まれ、血をサラサラにし、血流を改善する効果や生活習慣病の改善にも有効といわれています。そのヒュウガトウキは、人の心身を司る自律神経の調整にどのような効果があるのでしょうか。自律神経が乱れると、どういった症状がでるのかなどについても解説しています。

自律神経とヒュウガトウキの関係性

交感神経が優位になり続けることを抑える

自律神経は、交感神経と副交感神経に分けられ、交代しながら働いています。内臓を適切に動かしたり、心拍数を調節したり、汗腺や血管を操って体温や血圧を調節したりします。とても重要なものでありながら、自分の意志でコントロールすることはできません。基本的には活動する時、日中などには交感神経が、休息する時、夜間などには副交感神経が活発に働いています。しかし、心身にストレスが強くなったり、生活リズムが不規則になったりすると、交感神経が働きすぎて体に不調が起こることも。ヒュウガトウキはこの交感神経の緊張をほぐす効果があると考えられています。

ノルアドレナリンの生成を抑える

体や心に強いストレスが加わると、体内に「怒りのホルモン」とも呼ばれる、ノルアドレナリンというホルモンが分泌されます。ノルアドレナリンは、自分の体を守るために交感神経を活発にし、それによって心拍数や血圧の上昇などが発生。ヒュウガトウキはこのノルアドレナリンの活性化を阻害することが、研究により判明しているのです。ノルアドレナリンの過剰な分泌を抑えることで、交感神経が優位な状態も抑えることができ、自律神経のバランスを整えることへと繋がっていきます。

YN-1をはじめとした成分が巡りを改善

自律神経が乱れると巡りが悪くなる

自律神経が乱れた状態というのは、交感神経と副交感神経のバランスが取れていない状態のこと。血管の収縮や消化液の分泌、排せつの調節を司る自律神経が乱れてしまえば、これらのことが過剰に起こったり、必要な分起こらなくなったりします。主な症状としては、血圧上昇や心拍数上昇による動悸、末梢血管の収縮と老廃物の排出不順による冷え、消化不良による胃のむかつきやもたれ、下痢や便秘など。自律神経の乱れによって、体内のいろいろな循環がうまくできなくなり、さまざまな体の不調となって現れるのです。

血管の収縮を抑えて巡りをよくする

ヒュウガトウキは末梢血管を拡張し、血流を改善したり、老廃物の適切な排出を促したりすることがわかっています。ヒュウガトウキを取ることで、全身や末端までしっかりと血液が循環し、栄養を運び、老廃物を回収するという、本来の循環へと改善に導きます。また、代謝なども良くなっていきます。大学や大手化粧品メーカーなどの研究では、ヒュウガトウキは血液をサラサラにする効果があることが報告されているのです。

ナトリウムの排出をうながす

ヒュウガトウキにはカリウムという栄養素が豊富に含まれています。カリウムは、体の中にある塩分などのナトリウムの排出を促す必須栄養素に指定されている成分。野菜などにも多く含まれているものがありますが、調理法によっては多くが失われることもわかっており、効率の良い摂取が難しい面も。ヒュウガトウキから摂取すると、カリウムによってナトリウムなどがしっかりと排出されます。それによって過剰に上がっている血圧は下がり、血液循環が整うことでむくみや冷えが改善します。

自律神経の乱れとは?

自律神経が乱れる原因

自律神経は自分でコントロールできない上に、いろいろな原因でバランスを崩し、乱れてしまいます。その原因として考えられるのは、強いストレスだけではありません。夜間に仕事や活動をして昼夜逆転状態になってしまうことや、睡眠不足であること。さらには食事が不規則であったり早食いであること、運動不足であることなども原因となり得ます。さらには、環境の変化や季節の変化がきっかけになることも。自分でストレスがかかっているという自覚がなくても、自律神経の乱れは起こるのです。

自律神経が乱れると現れる症状

自律神経が乱れると、心身にさまざまな症状が現れます。

  • 寝起きが悪くなる、起き上がれない、すぐ疲れてしまうなどの疲労感
  • 頭痛や頭重
  • 微熱が続く、平熱が低くなる
  • 疲れているのに眠れない、活動中なのに眠くなる
  • 喉の渇きや違和感、耳の閉塞感
  • 動悸や息切れ、息苦しさ
  • 消化不良によるむかつき、もたれ、便秘、下痢、膨満感
  • 頻尿、排尿困難
  • 手足の冷え感、ほてり、しびれ
  • 肩こり、関節痛
  • 皮膚のかゆみなどの皮膚炎

などが挙げられます。これらの症状が単独で起こる場合もあれば、複数同時に起こることもあります。

自律神経の乱れから起こる疾患

自律神経の乱れは、体調不良だけでなく、さまざまな疾患を引き起こすこともあります。代表的なものは、神経性胃炎やメニエール病、過敏性腸症候群です。

神経性胃炎は、自律神経が乱れると胃酸の分泌が過剰になり発症。胸やけや、胃もたれ、痛みなどが起こります。

メニエール病は、内耳のリンパ液に異常が発生して、ぐるぐるとした激しいめまいや片側の耳鳴り、難聴が同時に起こるもの。放置すると悪化することもあります。

過敏性腸症候群は、腸のぜん動運動が異常な状態になり、腹痛と慢性的な下痢と便秘を引き起こすもの。治ったと思ってもまた発症するなど繰り返すことが多い疾患です。

自律神経の乱れとは?

自律神経を整えるために使われる薬は、その原因や症状によってさまざま。自律神経調整薬や精神安定剤、ホルモン剤、ビタミン剤、漢方薬、睡眠導入剤などが処方されることが多いようです。

では、これらの薬とヒュウガトウキとの飲み合わせはどうなのでしょう。ヒュウガトウキは「急性毒性試験」や「慢性毒性試験」の結果から問題がないことが医学的に証明されています。副作用がないだけでなく、医薬品との相互作用がないことも臨床試験で実証されています。かかりつけ医や薬剤師に相談するとより安心です。

神の草と呼ばれる九州の秘草ヒュウガトウキとは?
サプリvsお茶
ヒュウガトウキ決戦!

ヒュウガトウキはサプリお茶で摂取します。飲みやすいのはどっち?
実際に商品を購入して比較しました!

サプリ代表サルースの葉

サルースの葉サプリメント
  • 内容量:1カ月分
  • 初回料金:1,728(送料込み)
  • 摂取:250mg×6粒

サルースの葉の購入方法を
公式HPでチェック

お茶代表日本山人参茶(すどう農園)

すどう農園の日本山人参茶
  • 内容量:1カ月分
  • 初回料金:3,000(送料込み)
  • 摂取:1包(茶葉 2g)

日本山人参茶の購入方法を
公式HPでチェック

ヒュウガトウキ
サプリとお茶を
飲み比べた結果は?

ヒュウガトウキサプリVSお茶おすすめ商品で比較! ヒュウガトウキに含まれる成分を徹底調査