ヒュウガトウキのめぐみ

5,500円(初回)/180粒

極上日本山人参タブレット

6,017円(初回)/300粒

サルースの葉

3,200円(初回)/180粒

     
~ヒュウガトウキ・日本山人参で笑顔に~健康のススメ » ヒュウガトウキの効能 » 高血圧

ヒュウガトウキと高血圧

ヒュウガトウキの血圧降下作用、末梢血管拡張作用、ヒュウガトウキを利用しながら高血圧を防ぐ方法などについて解説します。

高血圧の薬とは?飲み合わせについても解説

高血圧の治療には、いろいろな種類があります。例えば、ACE阻害薬は、血管を収縮させたり、水分などの排出を抑えたりして血液量を増やしたりして血圧をあげるアンジオテンシンⅡが作られるのを抑制。血管を広げて、血圧を下げる効果がありますが、むくみなどの副作用が起こることもあります。

ARBは、アンジオテンシンⅡが受容体と結合することを阻害し、血圧上昇を防止。これには、動悸やめまいといった副作用が報告されています。ほかにも、カルシウム拮抗薬や利尿薬、α遮断薬、β遮断薬などが使われますが、どの薬にも副作用のリスクはあります。

ヒュウガトウキの血圧降下作用

高血圧になる要因のひとつは、アンジオテンシンⅡが体内で増加すること。アンジオテンシンⅡは、アンジオテンシン変換酵素(ACE)が作用して作られることから、高血圧の治療にはACE阻害薬がよく使われます。

ヒュウガトウキには、このアンジオテンシン交換酵素を阻害するイソエポキシプテリキシン(YN-1)が含まれており、高血圧の予防や改善に効果があるといわれています。

ヒュウガトウキの末梢血管拡張作用

ヒュウガトウキには、末梢血管を拡張して血液の循環を改善する効果があり、高血圧の大きな原因のひとつである動脈硬化を防ぎます。動脈硬化は、高血圧だけでなく血液の流れが悪くなり体に栄養を回すことができなくなる深刻な症状。しかし、血管を広げて硬化した血液を循環させることができます。

ヒュウガトウキの効能を
もっと詳しく知りたい

ヒュウガトウキと
高血圧の治療薬の飲み合わせは?

特定のものを大量に摂取した際に、身体にどのような影響が現れるかを調べる「急性毒性試験」。ヒュウガトウキについてもこの試験が大学の研究室で行われ、「全く異常なし」との結果が出ています。

また、特定のものを長期間にわたって摂取しつづけた場合の影響を調べる「慢性毒性実験」でも同じく「全く異常なし」との結果が得られました。このことから、ヒュウガトウキにおいては研究上では安全性が確認されており、副作用の心配はありません。また、処方薬と一緒に飲んでも相互作用がないことも臨床試験で確認済みです。

ヒュウガトウキを利用しながら高血圧を防ぐ

ヒュウガトウキには高血圧の降下作用がありますが、ヒュウガトウキだけで高血圧そのものを治すというのは難しいことです。ヒュウガトウキを上手に利用しながら生活を見直し、以下にあげるような高血圧にならない生活をすることがとても重要です。

高血圧原因となりやすい人の特徴

食塩の摂取量が多い人・濃い味が好きな人

高血圧になりやすい人の特徴として、食塩の摂取過多である点が挙げられます。日本では醤油や味噌などをはじめ、塩分の多い調味料が頻繁に用いられていることが原因のひとつだと考えられています。日本人が1日に摂取しているといわれる食塩は10g。WHOが推奨する量のほぼ倍になる計算です。血液中の塩分濃度が高まると、塩分量を調節するために体内の水分が血管内に集まります。すると、身体内の血液の総量が増えてしまい、血圧が上がってしまうのです。

内臓脂肪型肥満の人

肥満と高血圧は密接に関連しています。注意したいのは内臓脂肪肥満と呼ばれるタイプの肥満です。内臓脂肪が増えることによってインスリンの分泌に影響が及び、塩分を正常に排出できなくなるリスクも。そうなると、血中の塩分濃度を下げるために水分が血管内に移動し、前述のような高血圧の状態を招くことになります。

家族に高血圧の人がいる

遺伝が原因で高血圧が起こる可能性もあります。塩分によって身体にさまざまな影響が出る体質であったり、カルシウムの調節機能の問題があったりと、生まれつきの体質によって高血圧が起きる可能性があります。また、家族は生活習慣も似通ってしまう傾向にあるため、高血圧になりやすい生活習慣になっていないかセルフチェックしてみましょう。

高血圧で気を付けたいリスク

脳卒中

脳卒中は高血圧によって発症リスクが高まる恐ろしい病気です。そのほか、脳出血やくも膜下出血などの発症リスクも通常の血圧の人に比べ、高くなると考えられます。特に、脳卒中の場合は一命をとりとめたとしても、重篤な後遺症が残る可能性があります。日常生活での運動やコミュニケーションに支障が出る場合もあり、リハビリを要する可能性もあるのです。リハビリで完治しない場合はQOLが著しく損なわれてしまうでしょう。

心臓の負担大

高血圧は生命活動を司る心臓にも悪影響を及ぼします。高血圧によって血管の壁に常に負担がかかった状態になると、動脈硬化になりやすくなります。自覚症状がない場合でも。血管が硬くなることで心臓に大きな負担がかかり、心筋梗塞などの発症リスクも高まってしまうため注意が必要です。

腎臓の負担大

腎臓は身体に溜まった老廃物を排出する役目を担っています。腎臓にある糸球体はネットのようなもので、正常な場合はここから老廃物のみがろ過され、尿として流れていきます。しかし、高血圧によって動脈硬化が起こると糸球体にある細い血管も硬くなってしまい、正常に機能しなくなってしまう可能性があるのです。

塩分を摂りすぎない

2013年の国民健康・栄養調査によると現在の日本人が1日に摂取する塩分量は男性11.1g、女性9.4gとなっていますが、塩分量は1日に6g未満にする必要があります。急に6gというのは難しいので、だんだん減らしていくようにします。最初は日に男性8g、女性7gを目標とし、面倒でも毎日の塩分摂取量を血圧の値とともに表などに記録していくと減塩しやすいです。また塩分を排出する働きがあるミネラルやビタミンも新鮮な野菜、果物から積極的に摂るようにしましょう。ただし腎臓病などが原因の2次性高血圧や重い高血圧に合併症がある場合は医師の指導で食事療法を行うようにしてください。

減量する

現代は飽食の時代であり色々な美味しい食べ物をいくらでも食べることができます。あまり体を動かしたりせずに食べすぎたり偏食したりして体重がどんどん増えてしまって高血圧だけでなく色々な成人病をかかえている人はとても多いです。食生活を見直し腹八分目の食事と適度な運動で肥満にならないようにすることが大切です。最初はBMI(体重・身長の関係から肥満度を示す体格指数)25を目指して頑張りましょう。

内臓脂肪が増えると生活習慣病になる危険度が増すので体脂肪率は男性25%以下、女性30%以下にしておくことも重要です。脂質を摂取するときには飽和脂肪酸を摂りすぎないようにし、多価不飽和脂肪酸が多く含まれる魚類を食べるようにすることをおすすめします。

【BMIの計算式】

BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

例)体重70kg 身長170cmの人の場合 70/(1.7*1.7)  BMI=24.2

運動する

有酸素運動など無理せずにできる運動を日課にし、歩くときは早歩きを意識して脂肪を燃焼させて筋肉を維持するようにしましょう。長時間続けて運動をすると疲労が貯まって血圧に悪い影響を与えてしまいます。1日10分程度の運動を3回に分けて行うようにすると良いでしょう。

※参考文献:「自力で血圧を下げる本」国立循環器病研究センター病院医長/岩嶋義雄著

知っておきたい血圧のこと

血圧のメカニズム

血圧測定では高いところと低いところを測りますが、高いところを収縮期血圧といい低いところを拡張期血圧といいます。収縮期血圧は心臓が縮んで血液を送り出すときの圧力で血管に与える圧力は最大になります。拡張期血圧は全身を回った血液が心臓に戻り大動脈弁が閉じて心臓が拡張したときの圧力です。大動脈弁は血液の逆流を防ぐために閉じるのですが、血管への圧力は最も弱くなります。 血圧はいつでも変化していて自律神経などによって制御され、朝起きると上昇して活動している昼間に高くなり、夜になるとだんだん下がり、寝ている間に最も低くなります。

血圧の正常値

2014年に日本高血圧学会が改訂した最新の高血圧治療ガイドラインによると、血圧の正常値は病院の測定(診察室血圧)で140/90mmHg未満、家庭で測定する場合は135/85mmHg未満とされています。 また年齢によっても基準は異なり幼児は120/70mmHg以上、 小学校高学年は135/80mmHg以上、高校生は140/85mmHg以上となっています。

神の草と呼ばれる九州の秘草ヒュウガトウキとは?
ヒュウガトウキサプリVSお茶おすすめ商品で比較! ヒュウガトウキに含まれる成分を徹底調査