ヒュウガトウキのめぐみ

5,500円(初回)/180粒

極上日本山人参タブレット

6,017円(初回)/300粒

サルースの葉

3,200円(初回)/180粒

     
~ヒュウガトウキ・日本山人参で笑顔に~健康のススメ » ヒュウガトウキの効能 » 脳梗塞

脳梗塞

ここでは、ヒュウガトウキが持つとされる脳卒中(脳梗塞・脳出血)予防に関連し、脳卒中の症状や原因、危険因子などについて詳しく解説します。

脳卒中の原因と危険因子

脳卒中とは、脳の血管が詰まる症状と、脳の血管が破れる症状の総称のこと。脳の血管が詰まる症状のことを脳梗塞と呼び、脳の血管が破れる症状のことを脳出血と言います。脳出血の一種として、脳の中ではなく、脳の表面を覆うくも膜の下に出血する症状のことを、くも膜下出血と言います。
脳卒中の危険因子は、喫煙や過度なアルコール摂取、高血圧など。いわゆる「生活習慣病」を指摘されている方は、常に脳卒中と隣り合わせであると考えるべきです。

脳卒中の原因

脳卒中の原因・分類として、以下、脳梗塞と脳出血の症状や原因などを確認してみましょう。

脳梗塞

脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり狭くなったりなどし、脳内の一部に十分な血液が送られなくなる症状のこと。脳内に生じた動脈硬化や血栓が原因で発症する脳梗塞を「脳血栓症」と言い、心臓などで生じた血栓が脳内に流れ込むことが原因で発症する脳梗塞を「脳塞栓症」と言います。また、一時的に脳の血管が詰まるものの、すぐに症状が改善する「一過性脳虚血発作」も、脳梗塞の一種として分類されることがあります。
上記のうち「脳血栓症」の主なリスク要因は生活習慣。コレステロールの高い食習慣や、喫煙習慣、塩分過多などによる高血圧、運動不足による肥満などが、「脳血栓症」の主要な要因です。
また「脳塞栓症」の主な原因は、心房細動や心臓に取り付けた人工弁など。これらの要因により、心臓内には血栓が作られやすくなります。
脳梗塞を発症した場合、処置が遅くなれば遅くなるほど、後遺症が強く現れます。発症に気付いた場合には、なるべく迅速に血管を詰まらせている原因を除去することが大切です。

脳出血

脳出血とは、脳内の血管が破れることで出血を起こす症状のこと。出血を起こした先には血液が送られなくなることから、仮に治療が成功したとしても後遺症を残すことがあります。
脳出血の主な原因は、長年にわたる高血圧。高血圧による影響によって脳内の血管がもろくなり、ある時、突如として血管が破れて脳出血を起こします。
脳出血を予防するためには、血圧を正常値に維持するための対策が必要です。その意味においては、脳出血の予防法は脳梗塞の予防法と同じと考えても良いでしょう。
具体的な予防法としては、禁煙、減塩、適度な運動習慣、ストレスをためこまないことなど。遺伝的に高血圧の方は、循環器科などで相談し、必要あれば降圧剤を服用します。
なお脳出血を発症した場合には、第一に脳圧降下剤投与などによる内科的治療が選択されます。内科的治療では十分な効果を得られない場合には、開頭手術などの外科手術が行われる順番となります。

脳卒中の危険因子

年齢や性別の傾向

脳卒中は、血管に生じた動脈硬化や血栓が主な原因となって発症します。動脈硬化や血栓は加齢とともに悪化する傾向があるため、必然的に、若い方よりも高齢の方のほうが脳卒中の発症リスクは高くなるでしょう。
また疫学的な調査によると、男性における脳卒中の発症率は、女性におけるそれの約2倍です。この背景には、一般には女性よりも男性のほうが、高血圧や肥満など動脈硬化のリスク要因を多く抱えていることが考えられます。

喫煙

喫煙が脳卒中の大きな要因であることは、医学会では長く指摘されてきました。そのメカニズムは、喫煙習慣が動脈硬化の形成に関与しているとの見解が定説でしたが、近年ではこれが否定され、喫煙による血栓形成などが脳卒中の原因ではと考えられています。
もとより喫煙は血圧を上げる重要なファクター。高血圧が動脈硬化を悪化させることは、よく知られた事実です。動脈硬化の予防のためには、一刻も早い禁煙を実行すべきでしょう。

飲酒

過度なアルコール摂取が脳卒中を招く恐れがあることは、経験的にも知られてきたところです。飲酒後の入浴中に脳梗塞を起こしたとする例は、古くから多々報告されています。
アルコールは、血圧を上昇させたり下降させたりなど、血管にストレスを与える大きな要因。このストレスが常態化すれば、やがて血管は脆くなり脳卒中へといたるリスクが生じます。
脳卒中の予防のためには、過剰なアルコール摂取の習慣を見直すべきでしょう。

高血圧

高血圧は脳卒中の大きなリスク要因の一つ。脳卒中以外にも、さまざまな病気を誘発するリスク要因として高血圧は知られています。
*高血圧の定義と原因
いわゆる「上の血圧」のことを収縮期血圧と言い、「下の血圧」のことを拡張期血圧と言います。収縮期血圧が140以上の状態、または拡張期血圧が90以上の状態を指して高血圧と定義します。
高血圧の原因は、大きく分けると遺伝的要因と環境的要因の2種類。遺伝的要因が全体の60%、環境的要因が全体の40%です。環境的要因の代表的な例が、食塩、アルコール、肥満、運動不足など。なお遺伝的要因による高血圧についても、これら日常生活に注意することで、ある程度までは血圧を下げることができるとされています。
*高血圧が誘発する脳卒中以外の病気
高血圧は、脳卒中以外にもさまざまな病気の誘発要因となります。その代表的な病気が、心不全、心筋梗塞、狭心症、腎不全、大動脈瘤、動脈閉塞症、たんぱく尿などです。
中でも特に心筋梗塞や大動脈瘤(破裂)は、発症と同時に即死の恐れもある恐ろしい病気。高血圧自体はほぼ無症状ですが、常に命に関わる病気が隣り合わせていることを自覚のうえ、日頃から血圧を上げる生活習慣を改めるようにしてきたいものです。

脳卒中の傾向を改善するには

日本人における脳卒中の患者は、年々増加傾向にあります。その背景として、主に食生活の欧米化があることが指摘されることがあります。
伝統的な和食に比べると、欧米的な食事には脂質やコレステロールの含有量が多めです。だからこそ、食習慣の欧米化が進んで代謝異常が常態化すれば、肥満や脂質異常症(高脂血症)、糖尿病など、脳卒中のリスク要因が増大することは明らかでしょう。
脳卒中の最大のリスク要因は高血圧ですが、血圧管理とともに、食習慣の見直しも大事です。改めてご自身の食事内容を振り返り、ファストフードやスナック菓子などの脂質が多い食事が習慣化していないか、しっかりと確認してみてください。
脳卒中は、ある日突然発症し、場合によってはそのまま命を落とす危険性もある恐ろしい病気です。日ごろの心がけ次第で、脳卒中の発症リスクを大幅に軽減できることを十分に理解しておきたいものです。
神の草と呼ばれる九州の秘草ヒュウガトウキとは?
サプリvsお茶
ヒュウガトウキ決戦!

ヒュウガトウキはサプリお茶で摂取します。飲みやすいのはどっち?
実際に商品を購入して比較しました!

サプリ代表サルースの葉

サルースの葉サプリメント
  • 内容量:1カ月分
  • 初回料金:3,200(送料込み)
  • 摂取:250mg×6粒

ヒュウガトウキのサプリ
を比較する

お茶代表日本山人参茶(すどう農園)

すどう農園の日本山人参茶
  • 内容量:1カ月分
  • 初回料金:3,000(送料込み)
  • 摂取:1包(茶葉 2g)

ヒュウガトウキを
一覧でチェック

ヒュウガトウキ
サプリとお茶を
飲み比べた結果は?

ヒュウガトウキサプリVSお茶おすすめ商品で比較! ヒュウガトウキに含まれる成分を徹底調査