~ヒュウガトウキ・日本山人参で笑顔に~健康のススメ

~ヒュウガトウキ・日本山人参で笑顔に~健康のススメ

ヒュウガトウキ(日本山人参)は
体の不調を整える万能薬

血糖値や高血圧、冷え性などあらゆる体の不調に効くと話題のヒュウガトウキ。その効果が認められた歴史は古く、江戸時代から民間薬として愛用されていたとの話もあるほどです。
このサイトでは、ヒュウガトウキに期待できる効果や効能をわかりやすく紹介します。健康な生活を取り戻したい!そんな願いを叶えられるかもしれません。

ヒュウガトウキとは

神の草
呼ばれて

青々と茂ったヒュウガトウキの写真

ヒュウガトウキ(日本山人参)は、かつて霧島・高千穂の人々に育てられていた薬草で、その効果の高さから「神の草」と呼ばれていました。血行促進、血糖値や血圧の改善など、高い薬効が認められています。含まれている栄養素は、アミノ酸、ポリフェノール、イソクマリン、ビタミン、ミネラル…と豊富。中でも根っこは、医薬品として認定されています。

YN-1とは

ヒュウガトウキの根の写真

健康維持を助ける有機化合物のひとつです。今のところ、このYN-1が含まれる植物はヒュウガトウキだけ。YN-1には、体内の栄養素の循環をサポートし、消化や代謝を活性化させる働きがあります。とくに、ヒュウガトウキに優れた効能があるといわれるゆえんは、このYN-1によるものだと考えられています。

そんなヒュウガトウキの栄養を
最大限に摂取できるのは…

ヒュウガトウキを含有するサプリメント一覧

商品名 内容量 初回購入価格/一粒あたりの価格 詳細
サルースの葉
(豊泉堂)
サルースの葉 引用元HP:サルースの葉公式HP
https://toyoizumido.jp/salus/hyugatouki/
180粒 3,200円(初回)
/17.78円(粒)
サルースの葉
を詳しく見てみる
日向トウキEX.ライト
(ハッピーママ)
日向トウキEX.ライト公式HP 引用元HP:日向トウキEX.ライト公式HP
http://www.shop.happymama.co.jp/hyuga-touki/
180粒 3,500円(初回)
/19.44円(粒)
ー現在、公式サイトで販売が停止されております。ー
極上日本山人参タブレット
(メイゲン)
メイゲン公式HP 引用元HP:メイゲン公式HP
http://www.meigen.co.jp/trial.php
300粒 6,017円(初回)
/20.06円(粒)
極上日本山人参タブレット
を詳しく見てみる
ヒュウガトウキのめぐみ
(アイシー)
アイシー製薬公式HP 引用元HP:アイシー製薬公式HP
https://icseiyaku.co.jp/fs/icseiyaku/c/hyugatouki
180粒 5,500円(初回)
/30.56円(粒)
ヒュウガトウキのめぐみ
を詳しく見てみる
日本山人参
(薬の山下薬局)
薬の山下薬局公式HP 引用元HP:薬の山下薬局公式HP
https://kusuri-yamashita.co.jp/SHOP/k-4.html
270粒 10,800円(初回)
/40円(粒)
日本山人参
を詳しく見てみる
日本山人参
(田尻)
田尻300年製薬 引用元HP:田尻300年製薬公式HP
https://tajiri300.co.jp/products/detail.php?product_id=9
62粒 2,923円(初回)
/47.15円(粒)
日本山人参
を詳しく見てみる
日本山人参
(すどう)
すどう農園公式HP 引用元HP:すどう農園公式HP
https://www.rakuten.co.jp/sudoufarm/
90粒 5,000円(初回)
/55.56円(粒)
日本山人参
を詳しく見てみる
純正日本山人参
(エレガントジャパン)
エレガントジャパン公式HP 引用元HP:エレガントジャパン公式HP
http://elegantjapan.co.jp/02product.html
180粒 10,000円(初回)
/55.56円(粒)
純正日本山人参
を詳しく見てみる
わらしべ日向当帰
(わらしべ)
わらしべ公式HP 引用元HP:わらしべ公式HP
http://hyuga-touki.jp/
90粒 5,378円(初回)
/59.76円(粒)
わらしべ日向当帰
を詳しく見てみる
徐福草プレミアム
(亀長茶園)
亀長茶園公式HP 引用元HP:亀長茶園公式HP
https://kamenagatyaen.com/product/premium/
90粒 6,120円(初回)
/68円(粒)
除福草プレミアム
を詳しく見てみる
神葉
(壮快ネット)
日本ゲルマ産業公式HP 引用元HP:日本ゲルマ産業公式HP
http://www.soukai.net/fs/soukai/39510
180粒 12,343円(初回)
/68.57円(粒)
神葉
を詳しく見てみる
ヒュウガトウキEX
(ハッピーママ)
ハッピーママ公式HP 引用元HP:ハッピーママ公式HP
https://happymama.co.jp/hyugatoki
180粒 12,960円(初回)
/72円(粒)
ヒュウガトウキ.EX
を詳しく見てみる
阿蘇の日本山人参ハードカプセル
(つきみ農園)
つみき農業公式HP 引用元HP:つみき農業公式HP
http://yamaninjin-tsukimi.com/html/products/detail.php?product_id=6
60粒 7,452円(初回)
/124.2円(粒)
阿蘇の日本山人参ハードカプセル
を詳しく見てみる

ヒュウガトウキの効能

血圧を下げる

高血圧の敵!ホルモン系の変換酵素を撃退

ヒュウガトウキは、高血圧に悩む方たちからも人気があります。その理由としてヒュウガトウキが持つ血圧降下作用が挙げられます。
高血圧は、アンジオテンシンIIの増加が原因で起こることがあるのですが、ヒュウガトウキには、それを防ぐ「アンジオテンシン変換酵素阻害物質」が含まれていることが証明されているのです。この阻害物質は、現在、病院で高血圧症の治療にも使われています。

動脈硬化の予防

末しょう血管を広げて
血管の詰まりを解消させる

ヒュウガトウキの血圧降下作用によって、末しょう血管が広がり、全身の血行が促進されることで、動脈硬化の予防や、症状の抑制にも効果があります。

動脈硬化の初期症状
「血小板凝集」を抑制

現在行われているヒュウガトウキの薬効の研究では、血小板凝集を抑制する作用があることもわかっています。この血小板の凝集は、動脈硬化の初期の段階に深く関わっている症状のひとつ。ヒュウガトウキが血小板凝集を抑制することで、動脈硬化の症状の進展も抑えることができるのです。

動脈硬化を予防して
ほかの病気も防ぐ

「人は血管とともに老いる」といわれているように、ヒュウガトウキの血行促進作用によって、更年期障害、冷え性、たるみなどのアンチエイジングにも効果が期待できます。また、動脈硬化の抑制作用は、心筋梗塞、脳出血、脳梗塞等の予防にもつながります。

過酸化脂質による肝障害を抑制

肝臓病の原因・
過酸化脂質の数値を下げる

マウスによる研究では、ヒュウガトウキは、肝障害を抑制する働きがあることもわかっています。肝障害とは、ウィルスや、アルコールの過剰摂取、脂肪(過酸化脂質)の増加などによって引き起こされる肝臓の機能障害のこと。
マウス実験では、意図的に過酸化脂質による肝障害を引き起こしたマウスにヒュウガトウキを投与したことで、肝臓の過酸化脂質やコレステロール値が低下したという結果が出ています。このことにより、ヒュウガトウキは、過酸化脂質(脂肪)の増加による肝障害を予防すると考えられています。

血糖値を下げる

ヒュウガトウキが
インシュリンの分泌を促進

ヒュウガトウキは、とくに血糖値を気にしている50代、60代の方から多く愛用されています。その理由として挙げられるのが、ヒュウガトウキによるインシュリンの増強効果。
インシュリンの作用を測定する実験では、インシュリンだけ投与した場合と、インシュリン+ヒュウガトウキを投与した場合では、ヒュウガトウキを加えた方がより脂肪合成が増加したというデータがあります。このことから、ヒュウガトウキの中には、インシュリンの作用を増強する物質が含まれているのではと考えられているようです。とくに、II型糖尿病患者の血糖値を下げる効果が期待されています。ヒュウガトウキに糖尿病を治す作用はありませんが、食事療法や薬と併用することで、高血糖状態をうまくコントロールしたり、血糖値が上がるのを防ぐ作用があります。

ホルモンバランスの調整

ロイコトリエンを抑制して
免疫機能を正常値に

アトピー性皮膚炎やリウマチ、ぜんそく、肝炎等の炎症を抑える点でも、ヒュウガトウキは役立ちます。これらの病気を引き起こす大きな要因に免疫機能の低下。免疫機能には、大きく分けると自律神経系、ホルモン系、プロスタグランディン系の3種類があります。中でもプロスタグランディン系防御機能が働くと、ロイコトリエンという物質が生成されて、上記の病気にも関わる強い炎症作用を引き起こします。ヒュウガトウキに含まれるエタノールアセテートとメチルアルコール抽出物には、この炎症物質であるロイコトリエンB4とC4の生成抑制作用があることが解明されています。

参考書籍:ヒュウガトウキのすべて
Amazon:https://www.amazon.co.jp/ヒュウガトウキのすべて―東洋医学で学ぶ健康づくり-水野-修一/dp/4831208019
著者:水野修一(総合医療臨床情報センター理事長/日本サプリメント評議会・評議員)
総合医療臨床情報センター:http://npo-imc.or.jp/
日本サプリメント評議会:http://www.supplement.or.jp/

ヒュウガトウキの栄養を摂取するなら
サプリVSお茶

実際に購入して
続けやすさをチェック!

数々の疾病予防にもその素晴らしい作用が解明されているヒュウガトウキ。私たちが普段摂取する代表的な商品には、サプリメントとお茶の2種類があります。一体、どちらから摂取するのがいいのか、各代表商品を抜粋して、それぞれの摂取方法、飲みやすさ、口コミ、1カ月のコストなどを徹底比較してみました!

【サプリVSお茶】
ヒュウガトウキのおすすめはどっち?

ヒュウガトウキの成分を
詳しく知りたい!

30種類以上の
豊富な栄養成分

ヒュウガトウキには、医薬品に指定されているYN-1以外にも、驚くほど豊富な栄養素が含まれています。18種類のアミノ酸に、ビタミン、ミネラル、食物繊維、コエンザイムQ10など…有効成分の数は30種以上。まさに神の草!といえますね。それぞれの栄養素は、どんな人が積極的にとるといいのか、各成分の働きや効能もチェックしてみましょう。

ヒュウガトウキに含まれる成分を
徹底調査!

ヒュウガトウキと
○○は何が違うの?

アガリクス

効果は類似!
ヒュウガトウキよりも高額…

アガリクスは、1990年半ば頃にブームになったキノコの一種です。当時は抗ガン成分として急激に人気が高まりました。がん以外にも血糖値を下げたり、肝炎やエイズの改善作用があることも証明されているようです。ヒュウガトウキと似ている作用には、高血圧、高血糖、肝炎、ガンへの作用が期待できます。ヒュウガトウキは糖尿病、アガリクスはガンというように、診療試験が行われている点も似ていますね。アガリクスは高額ですが、ほぼ同じ効果を持つヒュウガトウキは比較的リーズナブルといえるでしょう。

春ウコン

免疫系なら春ウコン
ホルモン系ならヒュウガトウキ

春ウコンは、姜黄(キョウオウ)と呼ばれる沖縄を中心に古くから栽培されてきたウコンの一種です。主にガン、糖尿病、シェーグレン症候群、うつ症状などの改善作用が、臨床実験によって認められています。同じガンや糖尿病の抑制成分としては、ヒュウガトウキが血液やホルモンに作用するのに対して、春ウコンは免疫レベルをきわめて高くすることで症状を改善していきます。同じガン対策サプリでも効果に差があるのは、こういった働きの違いにもあるのかもしれません。

フコイダン

メタボ気味なら
ヒュウガトウキと合わせてみて

海藻類に含まれるフコイダンも、画期的な抗ガン作用で有名になった成分です。その正体は、糖の集合体であり、海藻のネバネバとした部分に含まれる食物繊維の一種です。優れた抗炎症作用や免疫の活性作用でガンを抑制したり、生活習慣病の予防にも効果的です。代表的な働きは、コレステロールの減少、血液凝固抑制による動脈硬化予防、血糖値を下げる効果など。とくに高血圧やメタボが気になる人は、ヒュウガトウキと一緒にとることで、より強固にパワーを発揮してくれそうです。

高麗人参

免疫力アップ
ヒュウガトウキの生みの親

漢方の生薬としても有名な朝鮮人参は、数ある健康増進作用の中でも、とくに副交感神経を優位にすることで免疫力の向上効果に優れています。漢方薬では、冷え、更年期障害、高血圧、高コレステロールの改善に服用されています。良質なビタミンが豊富に含まれているので、アンチエイジングや美肌ケアにも。とくに女性は、積極的に摂取するといいかもしれませんね。ヒュウガトウキは、もともと朝鮮人参が日本に持ち込まれて育ったのがはじまりともいわれています。

ヒュウガトウキの豆知識

【日本山人参】ヒュウガトウキとイヌトウキの違いは?

ヒュウガトウキと似ているイヌトウキの写真

YN-1が含まれるのは
ヒュウガトウキだけ

ヒュウガトウキと似た植物に「イヌトウキ」という植物があります。ヒュウガトウキと同じセリ科の植物で生息地も近いことから、当初はヒュウガトウキと間違えられていたそうです。ですが、その後の研究で詳しく調べると、YN-1が含まれている薬効のある植物は、九州地方北部にしか自生していない「ヒュウガトウキ」ということが判明。九州、四国、近畿地方の南部に広く分布するイヌトウキとは、全くの別物ということがわかっています。しかし、どちらも同じ「日本山人参」と呼ばれています。ヒュウガトウキを購入する際は、間違えないように注意しましょう。

ヒュウガトウキの書籍

ヒュウガトウキのすべて―東洋医学で学ぶ健康づくり

ヒュウガトウキのすべて―東洋医学で学ぶ健康づくり

引用元:Amazon公式サイト
著者:水野修一

ヒュウガトウキのすべては、2018年に出版されています。九州の中でも、大分県と宮崎県の山岳地帯でしか自生しないヒュウガトウキ。東洋医学的な観点からその実態や効果などを分かりやすく解説しています。現役医師である著者が、がんや糖尿病など重病の治療現場においてヒュウガトウキの効果を検証した事例も紹介。また、「健康な人が飲んでもいいの?」「美容やダイエットに効果的?」など、ヒュウガトウキに関する様々な疑問もQ&A形式で掲載しています。植物学や東洋医学にあまり詳しくない方でも読みやすい1冊です。

不老長寿の神草ヒュウガトウキ

不老長寿の神草ヒュウガトウキ

引用元:Amazon公式サイト
著者:水野修一

2009年出版の書籍です。 元気で長生きするためにはヒュウガトウキの摂取が最適であることと、その理由を解説しています。江戸時代、薩摩藩では門外不出の神草として人々の間で重宝された歴史を持つヒュウガトウキ。2002年には厚生労働省によって生薬として正式に認定されています。しかし、長い間秘薬として扱われていたため科学的なデータが少なく、その実態は謎に包まれていました。 伝説として語られていたヒュウガトウキの効果効能を明らかにするため、日本の東洋医学・漢方医学の重鎮である著者の水野氏が調査に着手。医学的な研究によって、ヒュウガトウキが発がん予防や動脈硬化の軽減作用、糖尿病の改善作用などに有効であることが判明しました。ヒュウガトウキがもたらす様々な効果のほかに、栄養素の効率的な摂り方が紹介されています。健康的な生活を送りたい方は一読してみてください。

日本山人参の薬効

日本山人参の薬効

引用元:Amazon公式サイト
著者:山崎 敏子

1985年に出版された書籍です。日本山人参にまつわる歴史や成分の効果、実際に摂取した方の事例を掲載しています。日本山人参(ヒュウガトウキ)発見の歴史から始まり、どのような植物なのかを植物学的に説明。ヒュウガトウキに含まれる薬効成分についても詳しく解説しています。品種の発見後、国内でどのような反応があったかについても取り上げ、学会の発表内容も紹介。次に日本山人参の健康効果を裏付ける治療例を取り上げています。糖尿病や子宮筋腫、胃がん患者の30~80代までの男女の事例を5例紹介。ヒュウガトウキが病気にどのような効果をもたらすか知りたい方におすすめです。

健康長寿の霊薬・ヒュウガトウキ(日本山人参)

健康長寿の霊薬・ヒュウガトウキ(日本山人参)

引用元:Amazon公式サイト
著者:末松 俊彦

2017年8月に出版された文庫本です。全11章で構成されており、序盤ではヒュウガトウキがどのような植物であるかを紹介。次に糖尿病や高血圧などの症状に対する改善・抑制作用があることを説明しています。動脈硬化や肝臓障害、がんなど加齢とともに発症リスクが高まる病気にも焦点を当てているのが特徴です。ヒュウガトウキの持つ作用が病気にどうアプローチするのかを詳しく解説。現代病の予防には、生薬であるヒュウガトウキが有効に働くことを主張した本です。生活習慣病が心配な方や病気の対策を知りたい方は、目を通してみてはいかがでしょうか。

健康を願うすべての人に届けたい “幻の秘草"日本山人参

健康を願うすべての人に届けたい “幻の秘草

引用元:Amazon公式サイト
著者:野元 多津子

2012年秋に出版。女社長である著者が、健康を願うすべての人にヒュウガトウキを届けるべく奮闘するノンフィクションです。父親の言葉や数々の伝承をもとに幻の秘草探しを始めた著者が、ヒュウガトウキに出会い商品化するまでの経緯が描かれています。かつて門外不出の「神の薬」と呼ばれていたヒュウガトウキ。著者がヒュウガトウキを探し始めた当時は研究が進んでおらず、効果を確かめるのも命がけでした。現在では安全性が実証され、多くの企業が地元農家と連携し、お茶やサプリメントなどといった健康食品として流通しています。ヒュウガトウキの効果効能だけでなく、商品として流通するまでの流れが気になる方に読んでほしい書籍です。

ヒュウガトウキの専門家

水野修一さん

ヒュウガトウキをはじめ、イヌトウキやウコンなどの薬用植物に関する研究を行う水野修一さん。福岡にある漢方・消化器専門の東和病院に勤め、日本で初めて漢方医療を研究した第一人者と言われています。胃・腸などの消化器官を専門に診療するかたわら、日本消化器病学会・日本東洋医学会・和漢医薬学会に所属し、数々の研究を発表。サプリメントに頼る現代の食習慣に警鐘を鳴らし、体の調子を根本的に整える東洋医療を推進しています。水野さんは新しい疾患の予防・治療法として生薬系のサプリメントを提案。患者が持つ症状に対し身体的な負担を抑えつつ効果的に改善できるよう取り組んでいるそうです。

野本多津子さん

野本多津子さんは福岡にあるロハスクラブ「花峰クラブ」の会長です。ロハスクラブとは健康と環境の両立を重視して、人と自然が元気になる暮らし方を提案する団体のことを言います。野本さんはヒュウガトウキが持つ効果を通して健康の大切さを発信するため、ロハスクラブを開設。食事でつくる健康をテーマに、ヒュウガトウキを使った料理の紹介をはじめとした様々なボランティア活動を実施しています。